男性の髭の基礎知識

男性の顔の特といえば髭があげられるでしょう。ひと口にヒゲといっても生える場所によって、いろいろ性質が異なります。

くちヒゲやあごヒゲ、ほほヒゲなど、生える場所によって本数は違います。平均すると1cm2に約120本。総数としては平均して2万本から3万本くらいといわれています。 ヒゲには神経はありません。ヒゲを剃って痛みを感じるのは、ヒゲ自体ではなく、毛根の周囲にある神経によるものです。

髭の伸びる早さは、年齢や気候によって違ってきますが、平均して1日に0.2mmから0.4mmくらいです。一日のうちでいちばん伸びるのは朝方で、午前6時から10時ごろまで。反対に昼間はいちばん伸びが悪く、夕方からまた伸びてきます。季節で見ると、ヒゲは秋にもっともよく伸びます。9月をピークにして下がり始め、2月が最低。春から伸びが大きくなります。

人種によっては髭は違い、なめらかなのは北欧人。日本人のヒゲは比較的硬めです。縮れたヒゲ、波状のヒゲ、巻いたヒゲなど、世界にはいろいろな地域にいろいろなヒゲがあります。

ヒゲの成長や状態は体調によって大きく左右されます。栄養不足や運動不足の時は伸びが速くなります。逆に健康で、日光のもとでスポーツをしていると、ひげの伸びが抑えられることが多いようです。

皮脂の役割

皮脂といえば、顔がテカったり、ギトギトしたりなどマイナスのイメージを持たれる方がいるかもしれません。確かに、顔のテカリは清潔感からは遠のいてしまう要素ですから、悪い印象を持つもの無理はありません。

しかし、わたしたちの体を守るために大切な働きをしているのです。

皮脂は、毛髪や体毛など、毛の生えている部分の皮膚を保護しています。健康で透明感のある素肌を作るために欠かせない成分です。

皮脂腺から出る脂分は、毛穴から分泌されて皮膚を覆っています。そのため、表皮に含まれている水分が蒸発してしまうのを防ぎ、潤いを保つことで柔らかくしっとりとした状態を保つことができます。

皮脂と共に汗腺から出る汗も皮膚を守るために貢献しています。脂分と汗がバランスよく分泌されることで、刺激や刺激物質から皮膚を守り、必要な水分をしっかりと蓄えておくことができるのです。ですから、皮脂や汗は天然の保護膜「皮脂膜」となります。

脂分と汗の分泌量は、年齢や性別、生活習慣、体質などによって違っています。皮脂膜を構成している成分のうち、最も多く含まれているのはグリセロール類です。また、次に多いのが脂肪酸で、次に多く含まれているのは、ワックスエステルと呼ばれるもの。

皮膚から出る脂分は大切ですから、取りすぎることは肌をいためてしまう原因にもなります。洗顔の回数、高すぎるお湯の温度など、皮脂をしっかり落としてしまうと、肌を守るバリアが足りないと肌自身が判断してさらに分泌量を増やしていきます。

そのため、さらに皮脂の分泌を抑えようとすると、肌がかさついたり、荒れてしまうことになります。

最近では低脂分の食事を続けていたり、洗顔などで皮脂を過剰に取り過ぎる事も原因となるため、乾燥しやすい冬場になるとかゆみや肌荒れが若い人にも多く見られるようになります。

永久脱毛なのに毛は生える?

『無駄毛の悩みとさよならするために、「永久脱毛」を受けました。』という人が増えているようです。

永久というと、この先ずっと生えないと思う人が多いでしょう。しかし、「永久脱毛といわれたのに、生えてきた。」という人が結構いるようです。

実はこれは、誤りなのです。誤りというか、ニュアンスの違いといえばいいのでしょうか。

永久脱毛とは、永久にその部分から一本も毛が生えてこなくなることではありません。アメリカの脱毛協会で定められている「処理を行った部分の再生率が20%以下になること」が一般的な定義として認識されています。

それ以外でもサロン自身で再生率を定めているところもあるようです。中には30%処理できていれば永久脱毛と呼んでいるところもあります。そのため、永久脱毛という言葉自体を使わなくなってきているところが多くなっているようです。

サロンで使用できる機材でそのレベルに達するためには、長い期間をかけて繰り返し処理していく必要があります。20%以下の再生率を望むのであれば出力の強い機材を使える医療機関での脱毛がいいようです。

無駄毛を薄くする方法

無駄毛処理のアフターケア

無駄毛の処理は、無駄毛自体を処理すれば終わりというわけではありません。むしろ、無駄毛を処理したあとこそ大事なのです。

カミソリ・シェーバーでシェービングのあとは、どうしても肌の角質が削り取られてしまっている部分があります。保湿は大切なのですが、美容液の入った保湿液や保存料や香料の入ったクリームなどは刺激が強すぎるようです。

ですから低刺激のものを選びましょう。もし、低刺激のものが無い場合には、蒸留水を冷やしてタオルに含ませたものを当てておくだけでも違ってきます。

レーザー脱毛を行った後は、当日・翌日だけでなく、2~3週間は紫外線を避けたほうがいいようです。レーザーを照射した肌は、光を吸収しやすい状態になっています。そのため、紫外線に当たってしまうとヤケドのようになってしまう事もあるのだとか。ですから、肌を露出しないように注意が必要です。

また、肌が乾燥しやすくなるので、通常よりも保湿をこまめに行うようにしましょう。

除毛クリーム・ワックスなど、溶かすタイプの除毛クリームやワックスの場合、アルカリ性の強い成分が含まれた薬剤を使用します。そのため、皮膚の上に残っていることが無いように、洗い流すことが一番大切です。この時、タオルで擦り洗いしたり、熱いお湯をかけたりしてはいけません。シャワーで十分に洗い流すのがポイントです。

一般的に、どの脱毛方法も

  • 直射日光に当たらない
  • 刺激の強いクリームやローションは避ける
  • 脱毛当日、翌日は、プール・温泉・海などを避ける
  • 処理後に擦り洗いしない

などに注意しましょう。

男性用カミソリと女性用カミソリの違い!

無駄毛処理をするときに一般的なのがカミソリによるシェービングです。

カミソリというとすべて同じように見えますが、実は男性用と女性用とでは違います。

それぞれの違いを知って、夏は、肌を見せる時期。海やプールなどへ遊びに行く前に、毛はしっかり処理しましょう! 

一般的に、男性の脱毛は別として、ほとんどの男性は顔と首周りを中心にシェービングをします。それに対して女性は脚、脇の下、ビキニラインの処理をします。

男性のシェービングエリア約38平方インチに対して、約676平方インチ(その18倍のスペース)をシェービングしなければいけないのです。さらに、女性の身体のヘアは繊細で速く成育し、男性のヘアに比べて生える方向がさまざまです。

ほとんどの男性は洗面台の鏡の前で髭を剃りますが、多くの女性はシャワーをしながらのシェービングをします。なぜなら、剃りたい部位がすべて見えるわけではないからです。つまり、女性は、カミソリの感触だけで感覚的に剃っている傾向が強いようです。 それに、女性は男性よりカミソリを細やかに動かす傾向があり、くるぶしや膝のような曲線が多い部分で顕著です。

これらの特徴から女性用カミソリは研究され、どんなポイントでも剃り残しがないように素早く簡単に刃が滑るようにデザインされているのです。

カミソリは自分専用のものを使う

家族や仲の良い恋人の場合、お風呂場などにカミソリを置いて、一緒のカミソリを使っていることが多いようです。ですが、同じシェービングだからといって、男性用製品を使わないほうがいいようです。

シェービング用のカミソリを共同で使用するのは非衛生的です。また、使われた男性もあなたがビキニラインのお手入れをすることを好まないかもしれません。それに加えて、男性よりも広い範囲をシェービングするので刃は早くダメになってしまいます。

つまり、剃り味がすぐに悪くなるため、経済的でないばかりか、肌を傷つけてしまう可能性もあります。もしかすると、カミソリ負けと切り傷でたちまちお肌が荒れてしまうかもしれません。切り傷は綺麗に治ったとしても、徐々に色素沈着を招く可能性も否定できません。

女性専用の製品と言えば、シェービングクリーム。刃の滑りをよくしてカミソリ負けや切り傷から素肌を保護するためのものがないか、お探しではないですか?

男性の顔の皮膚と比べると女性の脚の皮膚は乾燥しています。 女性専用シェーブジェルは肌を柔軟になめらかに保つために、潤いを閉じ込める働きがあります。できれば、シェービングクリームも女性用を使いましょう。

男性と女性では肌が異なります。女性専用に作られた製品を使えば、肌はよりなめらかに、快適に仕上がるでしょう。

無駄毛処理のトラブル

無駄毛処理は、本来必要な毛を人為的に処理するものですから、当然肌に負担がかかります。

正しい方法を実践していてもトラブルに見舞われることがありますが、そうでない方法を実践しているともっと恐ろしいことになるかもしれません。

例えば、埋没毛(まいぼつもう)が挙げられます。埋没毛(埋もれ毛)とは、上手く処理できなかったムダ毛が、皮膚の外に出られずに、成長してしまった状態です。

埋没毛は、が起きる原因は、無駄毛の自己処理の失敗にあります。原因は、ほとんどの場合、毛を抜いたことにあります。毛を抜くと、皮膚の表面には、針の先ほどのわず

かな大きさの穴が開きます。体は開口部(穴)ができると、それを傷とみなし、修復しようとして瘡蓋(かさぶた)が作られます。結果、毛穴がふさがってしまい、毛の出口がなくなってしまうのです。

そうなってしまった場合は、自分で針やピンセットを使って取り出したくなりますが、それは危険です。なぜなら、傷が大きくなったり、痕が残ってしまったりする可能性があるからです。また、そこから菌が入り炎症を起こしてしまう可能性もあります。

治し方は、古い角質層を取り除いてあげることが、埋没毛解消の近道です。具体的には、ボディースクラブなどで肌をマッサージして、保湿をしっかり行うことです。これで、古い角質層が取れて埋没毛が解消しやすくなるはずです。

その他には、毛嚢炎(もうのうえん)ができることがあります。自己処理による炎症は、肌が赤くなったり、毛穴が鳥肌のようにポツポツ飛び出てしまったり、皮膚がかゆかったり、熱を持っている状態のことです。

そこへ雑菌が入り込んでしまうと炎症反応を起こしてしまい、赤くぷっくりと腫れたようになるのです。カミソリ、毛抜きなどによるムダ毛処理を行うことで毛包に傷がつき、ブドウ球菌に感染して発症するケースが多いようです。

毛嚢炎は、皮膚が長時間湿っている状態になると発生しやすくなるので、風呂でのムダ毛処理は、毛嚢炎になる可能性が高くなります。

炎症している部分は、消毒などをして、出来る限り清潔にしておきましょう。抗菌石鹸を使ったり、まめにシャワーを浴びる、下着を取り替えるなどを心がけましょう。

デリケートゾーンの毛の処理の方法とは!

永久脱毛は何歳から受けるのか?

体毛の悩みは人によってレベルと様々ですが、深刻な悩みになると家に引きこもってしまうこともあるようです。

一般よりも少し濃いならばそれほど悩まないと思いますが、女性でも男性よりも凄い剛毛な場合があります。首周りから腕・脇・胸・お腹・背中・お尻・脚・指まで全身毛だらけ

でヒゲまで生えてくることもあるようです。

そのような場合は、悩みを解決するには永久脱毛になります。

そこで気になるのが何歳くらいから受けるのかということ。

永久脱毛すべて脱毛したい場合は、ある程度の歳になってから受ける人が多いようです。20歳前後から受ける人が多いのだとか。

最近は、思春期のあたりから永久脱毛を意識している人も多く、火傷のリスクをのぞけば、10代だからといって、特段不安に考える必要は無いそうです。

ただし、思春期は体も毛も成長途中なので、脱毛しても生えてくる可能性が高いのが難点。だから、20歳前後ではじめるほうがいいのかもしれません。

男性の無駄毛処理も一般的に?

時代の変化とともに男性の美意識も変化し、男性の無駄毛処理が一般的になってきたようです。

ホリエモンこと堀江貴文さんも全身脱毛してきたことをツイッターで報告するなど、確実に無駄毛処理をする男性が増えているようです。

以前なら、体毛は「男らしいと」前向きな評価をされていたようですが、最近は「汚い」と感じる女性も多いようです。

たしかに、生やしっぱなしの毛は汚いと感じます。例えば、髭を綺麗に剃らずにいるとよほど似合ってない限り、だらしない印象や汚い印象をあたえると思います。また、すね毛などもトリマーなどですいておかないと汚くなりがち。

もちろん、体毛の生え方は自分で選んだわけではなく、生まれつきのものなので仕方がないですが、現代社会ではうまく処理をした方がいいようです。

では、どのくらいの人が無駄毛を処理しているのでしょうか?

パナソニックが男性1万3225人に「普段、体毛(わき、胸、腕、脚など)をそったり、長さや形をそろえたりしていますか」と尋ねたところ、「定期的にしている」19%と「気になったときにしている」32%とを合わせると51%。「していない」の49%を上回ったのだそうです。

この結果は、およそ半分の男性が無駄毛処理をしていることになりました。これを多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、個人的には随分多くの人が処理をしていると感じました。

男性が無駄毛を処理していると思うと少し気持ちが悪いと感じますが、毛を伸ばしっぱなしにしているよりはいいと感じます。